スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
私という名の他人
「芸人になればいいのに。オネェ系で」

どうも、尊敬するスタイリストはIKKO、中林です。

音声チャットでそんなことを言われまして。
話の流れは忘れました。そのくらいの衝撃。

とりあえずその友人には「芸人とオネェに謝れ」と言っておきましたが、
ことほど左様に自分から見た自分と他人から見た自分にはズレが生じやすいものです。

そういえば自己紹介について余り紙幅を割いたことが無かったような。

と、ゆーワケで、
今回は自己紹介です。

とはいえ、ここはあくまでTRPGサークルの代表としての自己紹介。
mixiとかにアップしているまんまをここに貼り付けても面白くはありません。
そこでひとつ、キャラクターシート風に表現してみましょう。
一昔前ならGURPSで表現したのですが、せっかくの2012年(マヤ暦第六世界元年)です。シャドウラン4th Edition風に参りましょう。

----------

名前:中林 啓通
 (ストリートネーム。マトリクス上でもたいていそう名乗る。ペルソナは人間の男性。時々柴犬)
種族/国籍:人間/日本人
年齢:三十代半ば
性別:男性

TRPG的能力値(種族平均/上限:3/6)
強靭力:4(打たれ強い敵や自キャラ、防御ダイス運の良さ、など)
敏捷力:2(話の展開の早さ、時間内にシナリオを終えられる、など)
反応力:3(ストーリーの軌道修正力、アドリブ、など)
筋力:4(ストーリーの軌道修正力、攻撃ダイス運の良さ、など)
魅力:4(記憶に残るシーン/せりふ/キャラを演じる能力、など)
直観力:3(GMの顔色を読む、PCの反応を見る、など)
論理力:3(シナリオ/キャラの設定の緻密さ、データに対する理解の深さ、謎かけやその回答能力、など)
意志力:4(PCに突っ込まれても動揺しない、負けないロールプレイ、など)

エッジ:5(ただし自分の意思では使えない)
魔力/共振力:0(あいにく2011/12/24に覚醒しなかった)
エッセンス:6(コンタクトも怖くてできない)
イニシアチブ:6(これは計算結果そのまま。パスは1)

公的認知度:1(地方のコンベンションの代表/小規模/稀に気づかれる)

特質:
 第一印象(インパクト勝負)
 幸運(ホント、これに尽きる)

技能:
 ルール:2(あまり覚えられない)
 シナリオ:4(演出にこだわる。その割にエンディングは苦手)
 マスタリング:3(これでもマシになったほう。時間配分は未だに苦手)
 ロールプレイ:5(照れは無い。困ったことに)
 アドリブ:5(GMに専門化。プレイヤーは3と言うことになる……)
 イラスト:4(自キャライラストは必ず描く)

言語技能:
 日本語:N
 英語:2(英語のルールブックはなんとか読める(要辞書)。日常会話には若干不足)

コンタクト:
 SGW:コネ値3/忠実度5(お世話になっております)

所持品(システム):
 シャドウラン The 4th edition
 ダブルクロス The 3rd edition
 ブレイド・オブ・アルカナ The 3rd Edition
 ビーストバインド トリニティ
 ナイトメア・ハンター=ディープ
 ウィッチクエスト
 ザ・ワールド・オブ・ダークネス
 メイジ:ジ・アセンション
 ワールド・オブ・ザ・ダークネス
 央華封神 第三版
 ガンメタル・ブレイズ
 ソードワールド完全版
 迷宮キングダム
 迷宮デイズ
 アジアンパンクRPGサタスペ(新紀元社版)

メモ:
ファンタジーからサイバーパンクまで幅広く愛する(こなす、というわけではない)。

シナリオ/キャラクターでそれぞれのゲームの世界観を表現することを心がけている。
現代ものや未来もののシナリオを作るときはセッションをする地域を舞台にすることが多いが、いまいち活かしきれていないことも。

得意ジャンルは現代もの。
苦手ジャンルは学園もの(ぇ

通年の「テーマ」を決めてシナリオを組む傾向がある。
これはなんらかの「縛り」と言うよりも、シナリオ発想の「起点」、あるいは似たようなシナリオにならないようにするための「予防線」としての意味合いが強い。

プレイヤー時は老若男女なんでもやるが、中年男性や老女、異種族ならドワーフが多い。人間外ができるチャンスがあれば積極的にそこを狙う。
結果として主人公属性は低い。
「もっとメタヒューマンを!!」

コンピュータゲームはやっぱりRPGが好き。ただしドット絵への偏愛があるため、ハイポリゴンの美麗某有名ファンタジーシリーズよりニンテンドーDSでSRPG(デビルサなんとかとかサモンナなんとかとか)をやるほうが性に合うらしい。
----------

……というところかしらん。

書いててなんだか楽しかった(笑)
こういう遊び、やりそうでやったことなかったもので。

他のスタッフ(白神さんとそらのさん)にもやってもらおうかしらん(笑)
データの部分はあくまでフレーバーで、メインはメモの部分なんですがね。
なので各人の好きなシステムのシート表記に合わせる感じで……。

ま、そのうち(ぇ

データが更新されるようなことがあったらまた、予告無く変更されるかもしれません。
特に所持品(笑)

ではまた。

スポンサーサイト
コンベンション | 21:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
どこへ行こうというのかね(ブログの方向性的な意味で
寒いのに雪が降らないと損した気分になる。

どうも、でも積もられると困る、中林です。

公共の交通機関が止まっちゃうんですよね。
子供のころは単純に雪が積もるのを楽しみにしていたのに。
大人になるって、切ないですね。

サテ、
ブログを始める前は、あんなことも書こう、これについても書こう、と思っていたのだけれども、
いざ始めてみると案外筆が進まないもので。

とりあえずこのブログの目的、予定みたいなものを(今更ながら)書いてみようかしらん。

1.コンベンションの告知・報告
2.コンベンション参加者さんとの交流
3.その他TRPGに関する雑談
余.ウェブサイト更新のモチベーション

1は、説明不要ですな。
ウェブサイト上でやっちゃあいますが、鍋子さんすっかり放置してるし。

営利団体じゃないんだから、宣伝がんばらなくてもいいんじゃないか、という向きも確かにあります。

正直、ぜんぜんお金はたまっていません。
冷暖房の必要な季節(1、7、9、11月。下手すると5月も)は良くてトントン。悪けりゃ赤字です。
3月は不要ですが、例年あんまり人が入らない月なんですよね。
結果、年に1回無料で開催できたらいいね、と言う程度です。

それでもこうしてピーピー言いながらやっているのは、
やっぱりTRPGをする場所を一つでも多く作りたいからなんですよ。

在野ではたくさんの人が遊んでると思うのですが、
サークルとなると極端に少ないんですよ、松山市。
ていうか、オープンでコンベンションを開催してるところを、現時点で他に知らないんですよね……。

学生でも社会人でも初心者さんでも一見さんでも気軽に遊びにこれる場所になればいいなと。
そして、ボランティアじゃあないので私や私の周りのTRPG大好きな人たちが、気安く迷い込めるようにと。


目的その2は、ブログという一方通行的な手段ではありますが、
なにげに重要です。

ご存知の方も多いのですが、私、愛媛に住んでないんですよね。
広島なんですよ。海外。
だから、メインターゲットであるところの愛媛県松山市またはその近隣にお住まいの方との交流って、
実は限りなく難しいんですね。

近所に住んでいるならプライベートセッションすれば、それ自体と前後の時間でいくらでも親しくなれますが、ここまで離れると、そうは行かない。
さすがに土日のたびに愛媛に通うのは、体力的にも経済的にも無理がありますしね(笑)
……実家が瀬○内海汽船とかだったらよかったのに(それでも無理です

広島に帰ってから5年。
鉄鍋亭コンベンションがもうじき8周年だから、
半分以上は広島から通っているわけですよ。
そこまでしてこのサークルを維持しているのは、
皆を愛しているからサ……!(きらきら

ごめんなさい(平伏
嘘ではないけどごめんなさい(平伏

あと、広島から通ってはいますが、
そのための交通費・滞在費を皆様からいただいた参加費から補填したりはしていませんよ。
疑う方はいらっしゃらないと思いますが、
そういえばそういうことは(当然過ぎて)明記した覚えが無いなと思ったので蛇足ながら。
アレはあくまで会場使用料です。

閑話休題。

皆さんがコンベンションを探すとき、
昨今は最初にウェブサイトを確認すると思うのです。
私もそうです。

でも、どんな人(たち)が運営してて、どんな雰囲気なのか、そして「今も活動しているのか」、が案外わかりにくいんですよね。
たいていのサークル紹介のページは、ウェブサイト立ち上げ当初に作られてそのまんま、でしょう。
うちだってそうです。リニューアルしてからそれっきりですよ。(居直るな
そこで「余」の目的が響いてくるのですが。

そうなるとせめて運営者の(頭悪げな)雰囲気だけでも伝えられれば、お初の方でも遊びに来やすくなるんじゃないかなと。
ぶっちゃけると私自身が広島でTRPG仲間を見つけられていないのも、その辺に遠因があるんですよ。
ほら、私ってばシャイだから。ね?

で、すでに何度かいらしてる方、ご常連の方には、普段松山にいない中林がどれだけ寂しい思いをしているか……もとえ、どんなことを考えて息しているのか(そもそも生きてるのか)が比較的リアルタイムに伝わると言う算段です。
広島と往復している都合上、コンベンション後に皆さんと交流する、と言うのもなかなかに厳しく、いつも歯がゆい思いをしてるんですよ。皆さんもそうじゃありませんか!? そうだといいな!?(ぇ


そして目的その3。
TRPGしてる人って、大きく3つくらいに分けられると思うんですよね。

a. 雑誌買ったりショップに足しげく通ったりして積極的に情報集めてアグレッシブに遊んでる人
b. お気に入りのシステムで遊ぶのがメインで、時々新しいものに触れてみたいと思う人
c. 友達づきあいのツールとして遊んでいる人

どれも素晴らしい(←前提)

それぞれさらに温度差があると思います。
でもここをご覧の方は大体この3つでしょう。
上記に初心者さんが含まれていないのは、「そんなこと気にしてないで、一度コンベンションに遊びにおいで」ってことで(笑)
やってみないとわかりませんからね。大丈夫、(多分)怖くないよー?

ちなみに私とそらのさん(スタッフA)はb、白神さん(スタッフB)はaですね。
私は実際に遊ぶ機会が減ったのもあって、だいぶa寄りになってる気がしますが……。

でもそんな「aとbの間に」みたいな人が普段どんな感じでTRPGと付き合ってるのか、って案外興味ありません?(ぇ
ていうか要はTRPGに関する雑感を、誰かと共有したいわけですよ(ぶっちゃけた
そういう意味では目的その2とほとんど一緒ですね。

あと、上記2つだけじゃブログとして体をなさないんですよ!(更新頻度的な理由で
2ヶ月に1回ですからね、コンベンション。

「この広告は1ヶ月以上更新されていないために表示されています」

みたいなアレが、確実に付いちゃうじゃないですか。
そうすると、初めて見に来た人は、

「ああ、ここもやってねえのか」

って思わないまでも軽く引いちゃうじゃないですか!
1のためにはなんとしてもそれは避けたい。
そのためにも、何かしらTRPGにこじつけて更新していきたいな、と。

……ネタがあったら、分けてください(いきなり他力本願!?
コメント、メッセージは大歓迎です。
トラックバックは……ごめんなさい、私が不勉強なので未だに意味が良くわかりません(ぇー
2011/02/03追記 なるほど、トラックバックとは「参照された側にそれが通知されるリンク」なのね。理解した気がするわ。……だれかやってみてくれないかしら(ぇー)

目的その余としては、ここで書き散らした文章をまとめて、ウェブサイトのコンテンツを増やしていけたらなぁと言う程度。
するかもしれないし、しないかもしれない。
その程度です。

基本的に長文だらだらのスタイルで、書式も不統一なので読みづらい向きもあると思います。
週末とか時間のあるときに読んでもらえたらいいな。と。
コンベンションの告知以上に重要なことが書かれる事は無いと思いますので、
気が向いたらお立ち寄りくださいませ。

ではまた。

当ブログについて | 12:51:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
第47回コンベンション報告
夏! 姫! キラリ☆

どうも、五色浜パネェ、中林です。

いや、今回は伊予市の五色浜神社が少なからず関わるお話だったので、
前日に愛媛入りした時に行ったんですよ、五色浜。

神社にお参りして、縁起を確認したりして(コンベンションの尺の都合上、反映できませんでしたが)、
五色浜(海水浴場)に行ったんですよ。

勿論冬ですから?
人はいませんし、私も泳ぎはしませんでしたが。

そこに書いてあったんですよ、冒頭の一行が!

どうやらキャッチコピーのようですね。
はっちゃけてるけど意図のつかめない、素敵コピーだと思いました(ぉ
いや、好きですよこういうノリ。

明けて日曜日。

愛媛入りした時に雨が降ってたから傘を買ったおかげで、
見事に上がりましたね!(自棄
むしろ少しあったかいくらいでした。

12名の参加者を迎えて、
シャドウラン(中林)、ソードワールド2.0(そらのさん)、ナイトウィザード2nd(アラヤさん)の3卓が成立しました。

鉄鍋コンベンション初参加の方もいらっしゃったのですが、
どうやらその人は常連のYさんの10年来の友人だったのですよ。
……正確には、10年くらい連絡取ってなかった友人?(ぇ

鉄鍋コンベンションがきっかけで縁が再び結ばれるなんて、
主催冥利に尽きますね。

その初参加さんはソードワールド卓で、
その伝説級のダイス目を披露してくれたそうです(笑)
Y氏曰く、その人が参加するセッションでは、モンスターを増やす方向で調整しないとバランス狂うとか……。

ナイトウィザードは、
やっぱり(!?)あの性格決定表が嵐を呼んだようですね(笑)
「すっとこどっこい」の白神さんと「オネェ」の樹太郎さんが大暴れしたようです。
楽しそうで何よりでした(笑)

サテ肝心の私の卓ですが……。

みんな、依存症大好きだな!(笑)

大っぴらにキャラクターシートに「依存症」とか書かれてるのは多分、
シャドウランかサタスペくらいですよね。

第六世界では普通の化学系の麻薬や覚せい剤の他に、
BTL(Better than Life = 人生よりも素晴らしい)っていう電脳麻薬(自分の理想の世界をシミュレートしてどっぷりひたれるバーチャルリアルソフト。五感も再現されます。違法)もあるので、
依存症にとても親しい世界なのです(ひどい説明

まあ、用意したアーキタイプ4人が4人とも何らかの依存症だった、というね(笑)

エッジギリギリ、ギラついたイメージのあるストリートサムライが、
「まぐろーまぐろーたーべーたーいー」
とかゆるんだ表情で笑っているという大変なチームに(笑)
戦闘でも漁労でもものすごく輝いてたんですけどね(念のため

思った以上に濃いキャラが集まったので(笑)、
ちょっと閉会式の抽選会の時間確保のために、シナリオの謎解き部分(漁労長の死因)ははしょってPCの質問にジョンソンと船長から答えさせました。
船員全部が神道の魔法結社、という設定は驚いてもらえたので良しとします。

本当は「漁労長は殺された? 誰に? 何のために?」みたいな展開で、
魔法結社の船、死んだ漁労長、そして何も知らない漁労長の息子を絡めて船の上で疑心暗鬼、みたいにしようと思っていたのですが、
無理、無理です(笑)

シャドウランが4thに版上げされてから、ルールがずいぶん変わってPCが死ににくくなったなー、と思っていたのですが、
大間違いでした(ぇ
汚染精霊は強そうだけど、フォース4なら居てもいなくても同じくらいじゃないかしら、と思っていたのですが、
大間違いでした(ぇぇ
核の精霊(火の汚染精霊)パネェ。

ドラマ部もほとんど触れられませんでした(反省)。
漁労長の息子はトロールとのハーフなので、学校でいじめに遭っていて、
よく観察すれば生傷がいっぱいあったりしてたのですが……。

人情派トロール(バウンティハンター)は、そんなことまったく気にも留めずに大いに船員に感情移入しちゃって、エンディングで「俺は新しい家族を手に入れた!」といってチームを抜けて船に乗ってしまったのには笑いました(笑)
それはそれでハッピーエンド、ですよね?(笑)

かたやその息子をとても気にかけていたひきこもりコンバットメイジは、
ラストバトルで放射能障害→船内では面会謝絶→陸に戻るや否や専門施設に搬送の憂き目に遭い、
息子とのエンディングを演出できない羽目になってしまいましたし(笑)
そしてそのシーン的に美味しい部分は、比較的冷静にかかわっていたオカルト探偵に持っていかれるという体たらく(笑)

……なんか、このコンバットメイジ(の中の人)は、私の卓でよくこういう立場になるなぁ……(他人事のように
鉄鍋立ち上げる前からプライベートでも結構ご一緒してるのに、あんまり幸せになるのを見た覚えが……(ぁ

そんなどたばたなラン(というか普通の仕事ですな)でしたが、
皆様お付き合いありがとうございました。


閉会式の闇鍋の結果は、『ダブルクロス 3rd Edition』。
あっはっは、アラヤさんの願いがまっすぐ届きました(笑)
(『久しぶりに中林さんのダブルクロスやりたいです』って言われてたんですよ)

今年はテーマを『海』と定めて一年間やっていこうと思っています。
次回は鍋の結果を反映して、ダブルクロスでやってみますかねぇ。

でも、白神さんにぶちあたったシャドウランにプレイヤー参加もしたいし……悩ましい!(笑)

コンベンション | 00:08:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
鉄鍋日記ぷれおーぷん
をとこもすなるぶろぐといふものを、わたしもしてみむとてするなり。

どうも、中林です。

日記と言うほど頻繁には更新しませんが、
HPを更新するより楽なんじゃなかろうかということで、
ブログを始めてみようと思います。

予防線完了。

さて、
いきなりですが明後日、1月22日(日)が今年最初のコンベンションです。
私のTRPG初めでもありますな。

ここ半月、たっぷりつかってシナリオを書きましたよ。
シャドウラン4th。

オーグメンテーション(最新邦訳サプリ)も買ったのですが、
さすがにすぐ使うのは無理があるなと。
今年はもう1回くらいシャドウランしたいので、
そのときには使えるように読み込まなきゃですな。

いつもいつも思うことなのだけれども、

・締め切りぎりぎりまでシナリオが思い浮かばず、
・一度思い浮かぶとどんどん膨らむ

というね。

今回もその例に漏れず、
名前のあるNPCが総勢7名! ミスタージョンソンを含めると8名も出てきますよ……。
これでもライバルランナーチーム4名を削った結果なんだぜ(遠い目

メインで絡んでくるのは3名なので、PCの最低人数と同じではあるんですが。

NPCの人数は、シナリオを作る際に一番気を使うポイントです。
名前つきは3名までで抑えたい。

名前がある、ってことは、役割がある、ってことですからね。
その分、説明やロールプレイにプレイ時間を割かなければいけなくなるし、
名前つきNPCが増えれば、NPC間も含めて人間関係が複雑化するので、
鼠算式に所要時間が増えてしまいます。

今回のシナリオは「マグロ漁船でマグロ捕り」なので、
どうしても乗組員の演出が必要です。

とはいえ15人の乗組員全員に名前をつけて演出するのは、
話的にも時間的にも当然、無駄だらけですね。
なので、メインの5人以外は名も無きA~Jさんです(笑)
エイノさんとかビルさんとかシイナさんとかになる予定です。

そして名前を与えられたメインの5人のうち、一人は故人です(ぁ

余談ですが、15人と言うのは近海のマグロはえ縄漁船の乗組員数のようです。
あんまりしっかり調べてないので突っ込まないでね☆

ともあれ、今回のシナリオは、
軽い謎解きあり、人間ドラマあり、ミニゲームあり、戦闘ありの盛りだくさんな内容です。
謎は解けなくてもいいし、人間ドラマは気にしなくてもなんとかなるという安全策つき!

ラヴもホラーも企業の陰謀もないのが若干心残りですが、
あんまり欲張ると時間内に終わりませんからね!(自戒

ルールのうちややこしい部分をまとめて打ち出したので、
これで更なる時間短縮も見込めるということでね。
毎回この手間を惜しむからセッション時間がアレな感じになるんですよね。

……。

初回の気合とシナリオが書きあがった直後のハイテンションとで
やたら長い記事になっちゃいましたね。
次回以降はもっと短いと思います。
ひとことだけとか。

ぼちぼち付き合っていただければ幸いです。

ではまた。

コンベンション | 21:00:01 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。